事業報告 - 公益社団法人 防府青年会議所(防府JC)
  事業報告06「3月例会」    2017年3月9日(木)

3月9日に私たち防府青年会議所のホームグラウンドである防府市文化福祉会館3階大会議室にて、3月度例会が開催されました。今年度初めての通常例会ということで冒頭の理事長挨拶では、改めて梅本理事長から今年度の想いと運動指針を見つめ直す挨拶をいただきました。 3分間スピーチでは、「今、何を愛していますか」とういうテーマに沿った想いを、3分間という限られた時間の中で伝えるために、林 靖之君、横田芳彦君、大田有美君が登壇し、それぞれが素晴らしいスピーチを行ってくれました。その場にいるメンバーの貴重な3分間を頂いてスピーチをする。そのような感謝の気持ちを持って3分間スピーチは行われます。聞く側にも、話す側にもたくさんの学びがあるのがこの「3分間スピーチ」です 青年会議所の例会の中には「担当例会」という項目があります。3月は「拡大広報委員会」が担当例会を行いました。「グローバル社会との向き合い方~メッセージを発信するために~」のテーマのもと、担当例会を通して、SNSを正しく理解しモラルを持って使用することができ、グローバル社会においてメッセージを発信することの出来るJAYCEEとなってほしいという目的を持って担当例会が行われました。 今後ますますグローバル化していく社会の中でメッセージを発信するためには日本固有のモラルについて今一度見つめ直さなければいけません。今回の担当例会ではメンバーにとって、日本人としてのアイデンティティを改めて考える場となったのではないでしょうか。 そして最後に監査担当役員の2名から講評をいただき防府青年会議所らしい「凛」とした3月度例会は閉会しました。











事業一覧に戻る