感動の体現
防府JCは、「修練」(Training)、「奉仕」(Service)、「友情」(Friendship)のJC三信条に則り、
次代を担うリーダーとなるべく自己研鑽とメンバー同士切磋琢磨を繰りかえしながら、
防府のまちに貢献する活動を行うとともに、互いの友情を深める交流も行う活動を行っています。
防府青年会議所の活動の一部をご紹介いたします。

例会
防府青年会議所は、毎月第2木曜日に、会員の資質の向上、友好促進・会員としての意識の高揚・会員間連帯の絆を深めるといった為の会合を行っています。主催者は防府青年会議所の理事⾧であり、理事⾧挨拶をメンバー全員が一堂に集まって聞くことができる場です。
それ以外にも委員会の発表、3分間スピーチ等があります。防府青年会議所は会議所という団体の中で、4つの委員会に分かれており、例会では、毎月一つの委員会が年間テーマに沿った講義内容を1時間発表する機会が設けられてます。また、3分間スピーチでは、事前に用意されたテーマに基づき、何を伝えたいのか、メッセージの伝え方、完了させる方法・練習を行っています。例会に出席することは会員として義務であり、100%の出席が出来るよう努力することが必要です。


JAPAN PRIDE
2017年7月。2泊3日の宿泊研修、防府市内の中学2年生から高校2年生を対象とた「JAPAN PRIDE」を開催しました。本事業では各種研修を通し「仲間との一体感」、「思いやり」、「気持ちを汲み取る」「先人たちの想い」を学んでもらいました。
初日、2日目には、カッター訓練、キャンプファイアー、ブラインドウォーク、たウォークラリー、回天記念館の見学を実施しました。そして最終日の3日目には、未来への誓いと題し、研修を振り返り10年後の未来の自分への手紙をしたためてもらい、閉会式をむかえました。この研修を通じて若い世代に世のため人のために行動する青少年の育成につなげることができました。


万灯の夕べ
8月3日から5日の3日間。防府天満宮主催の「防府天満宮 御誕辰祭」御祭神 菅原道真公のお誕生日をお祝いするこの祭り。その中で行われる「万灯の夕べ」を共催しております。
2017年度はクラウドファンディング支援を募り、100名のボランティア募集を行いました。多くの方々のご協力をいただきクラウドファンディング目標金額の達成、121名のボランティア・防府青年会議所コラボ会員「ちぃコラ」の方々に参加をいただきました。2000個のろうそくが灯った幻想的な風景を見た来場者が「笑顔」になり、ボランティアの方々も「笑顔」になり「達成感」を感じる素晴らしい循環が生まれました。参加者ひとりひとりが防府市を創っていく当事者意識を育み、まちの活性化に繋げることが出来た事業となりました。今年も例年通り、いや例年以上に美しい景観を一緒に作り出しませんか?防府JCはボランティアを募集しています!


花神子社参式(御手廻り)
その年の御神幸祭(裸坊祭)の無事斎行を祈願する花神子社参式が10月8日に執り行われました。約500名にも及ぶ優美な時代行列が防府駅前から天満宮までの約2㎞を社参します。長年、防府青年会議所は時代行列の最後尾で「弓」「箱」「傘」「槍」を持ちながら演舞する奴行列としてご奉仕させて頂いております。
今年も自衛隊の方や一般の方が加わってくださり、しっかりと花神子をお守りしながらの見応えのある舞でした!男性は衣装を着ての「奴行列」、女性は着物を着て甘酒を振る舞う「どくふるまい」として一緒にご奉仕してみませんか?11月25日の御神幸祭でも演舞させて頂きますので、ぜひ華やかな時代行列をご覧下さい!


G級フェスティバル
防府市の銀座商店街にて「G級フェスティバル」は開催されます。G級フェスティバルは年に一度の防府市の春のイベントとして定着し、今年も多くのご来場者で賑わいました。
2017年度は有志結成の実行委員会が立案・企画を行い、防府青年会議所は運営・設営の協力をさせていただきました。当日は実行委員会の皆様、JCメンバー、コラボ会員「ちぃコラ」メンバーが一丸となり素晴らしい事業となりました。「G級フェスティバル」には「防府にGenkiを!」という願いが込められています。 地域の方々や各団体の積極的な協力のもと、係わり助け合って作り上げる事業です。


野球部及び各種同好会
防府青年会議所は40歳で卒業を迎えOBとなります。現在300名を超えるOBの方がいらっしゃいます。防府青年会議所では野球、ゴルフ等を通じて会員同士、OBの方との交流を図るため定期的に同好会を開催しております。OBの方からは仕事や人生経験の話を伺える絶好の場となっており、現役会員の貴重な会となっています。